協働 公認会計士共同事務所

ご挨拶

 150日にわたる通常国会が閉会しました。統計不正の解明も曖昧のまま、年金問題や消費税増税をめぐる様々な問題等がある中で、予算委員会がまともに開かれず、安倍政権の逃げ腰政治は過去に類を見ないほどに凋落しています。一方で数の暴挙により、民意を反映しない政治体制が続いており、安倍首相は念願である憲法改悪の機会を伺っています。いまこそ、国民一人一人の「怒り」を可視化して、安倍政権にぶつけようではありませんか。

 7月は国政選挙である参議院選挙があります。安倍政権にNOを突きつける絶好の機会であり、民意が反映された選挙結果になることを期待して、私たちも専門家集団として様々な取組に全力投球していきたいと思います。

 

2019年7月

新着情報

お問い合わせ プライバシーポリシー

トップへ戻る