協働 公認会計士共同事務所

ご挨拶

 

 ドキュメンタリー映画の「戦雲(いくさふむ)」を見ました。

 この作品は、軍事要塞化が着々と進む、沖縄・奄美の島々の実態や、その中で翻弄され、分断される人々、住民として暮らす自衛官と地元住民との交流など様々なものを映し出しています。辺野古や米軍基地問題ほどは報道されない南西諸島の現実を目にすることができるものです。

 

 基地建設や軍事拠点化は「沖縄の問題」として報道されますが、本来、「日本の課題」であり、困難を沖縄に押しつけているという現状に目を向ける必要があります。

 これまでも何度となく、沖縄の民意は示されてきた訳ですが、政権与党は見せかけだけで、沖縄の声を無視し続けています。

 まもなく沖縄では県議会議員選挙がおこなわれます。(6月7日告示16日投票)大切なのは沖縄県民の声で、その声に向き合える県議の選出が求められています。

 現政権がもくろむ「戦争ができる国」の最前線に沖縄をさせないためにも、平和を求める内外の声を集めていければと思います。

 

 6月23日の沖縄慰霊の日には、沖縄戦の悲劇を二度と起こさせないと、あらためて誓える日にできるよう、沖縄の平和を求める人々と連帯したいと思います。

 

石川県「令和6年(2024年)能登半島地震に係る災害義援金の受付について」

https://www.pref.ishikawa.lg.jp/suitou/gienkinr0601.html#akaihane

 2024年6月

 

 

※緊急アピール(2022年3月1日)

新着情報

お問い合わせ プライバシーポリシー

トップへ戻る