協働 公認会計士共同事務所

ご挨拶

 今年の4月は気温の上下が激しく体調管理にいつも以上に気をつかう春でした。4月から新生活を始められた方も落ち着いてきた頃かもしれません。コロナ禍(未だ完全に終わったわけではありませんが)を経て私たちの生活様式も少なからず変化をしていることを感じます。

 コロナ等の感染症に対応して変化せざるを得ないものもあれば、政府当局の横暴により変化を強いられるようなこともあります。この間、強制ではないはずのマイナンバーの乱用、インボイス制度や電子帳簿保存法の強行、思いつきかのような定額減税・・・挙げればきりがありません。実際に対応しなければならない現場では事務負担も増加し大変であるとの声も聞きます。

 先月末には衆議院議員補欠選挙が3選挙区でおこなわれました。この間の政府自民党における醜態はみなさんご存知の通りですが、結果的に2選挙区では候補者を立てることすら出来ず、唯一公認候補を出した選挙区でさえ惨敗という結果に終わっています。これは私たち国民の意思が明確に示されたものと思います。政治資金の件だけでなく、先般の日米会談における声明は日本国憲法の根幹である平和主義を捨てて戦争する国へと変わるような歴史的変質と言えます。このような状況には怒りを覚えるばかりです。

 今後は東京都知事選等がありますし、解散総選挙も十分に想定されます。私たち国民が今回の補欠選挙のようにはっきりと政府与党にノーを突きつけることが重要だと思います。

 

石川県「令和6年(2024年)能登半島地震に係る災害義援金の受付について」

https://www.pref.ishikawa.lg.jp/suitou/gienkinr0601.html#akaihane

 2024年5月

 

 

※緊急アピール(2022年3月1日)

新着情報

お問い合わせ プライバシーポリシー

トップへ戻る