協働 公認会計士共同事務所

ご挨拶

 急に秋が深くなり、もうすぐ冬だと感じさせる日が増えてきました。朝晩と日中での寒暖の差が激しい時期でもあり、体調を崩すことのないようお気を付け下さい。

 

 「スポーツの秋」と言いますが、新型コロナの影響もあり例年と比べるとなかなか運動に取り組めない状況が続いてきました。それでも、コロナがより流行すると言われる冬を迎えるにあたって、少しでも体力を付けて備えたいと思います。

 コロナと闘うためには当然ながら幅広い協力体制が必要と考えられます。そのような中で世間を見渡してみると、国内では、日本学術会議を巡る問題、ようやく始まった国会での中身の薄い答弁、「Go To ~」の迷走、と政権の独善的政策に怒りや不満を覚えるようなニュースが日々聞こえてきます。海の向こうでは既にコロナの流行が再び本格化しつつある状況であり、アメリカ大統領選はまれにみる不毛な闘いに感じます。

 一方で、月初におこなわれた大阪都構想に関する住民投票では、経済成長一辺倒で住民不在の政策であり行政サービスを切り捨てるやりかたにノーを突きつけることが出来たのは意義深いものであると言えると思います。

 それでも、今こそ世界中の人々が一致団結してコロナを乗り切るべく奮闘していくことが必要でしょう。まだまだ時間は掛かりそうですが、我々もひとりひとり出来ることを頑張りたいと思います。

 2020年11月

新着情報

お問い合わせ プライバシーポリシー

トップへ戻る