協働 公認会計士共同事務所

ご挨拶

 新型コロナウイルスの猛威が世界中で拡大しています。

 日本でも感染者数は毎日のように増加し、とどまる気配がありません。お亡くなりになった方には、心からお悔やみ申し上げます。とりわけ基礎疾患を抱える方々は、心配な毎日を過ごされていることでしょう。

日本政府の対応の遅れや杜撰さが指摘されていますが、政府・与党は速やかに反省すべきを反省し、未知のウイルスに対して今こそ与野党の枠を超えて感染拡大を食い止めていくことが望まれます。残念なことですが、未知に対する恐怖心が差別や偏見を生み出している状況もあります。私たちも一人ひとりが「冷静に恐れる」ことが重要だと思いますし、「危機管理」のあり方がまさに問われています。

 

 また、この冬は過去に例を見ないほどの暖冬になっています。私ども協働は日本各地に出向きますが、気温の高さもさることながら、これほどまでの降雪の少なさも経験したことがありません。経済優先の環境破壊が、確実に地球温暖化をもたらしていることを痛感させられます。世界中で若い世代が環境を守るための取り組みに立ち上がっていますが、次の世代にきちんとバトンをつないでいくことが我々の責任です。

 

 もうすぐ新年度を迎えます。情勢はフレッシュスタートというわけにはいきませんが、一歩ずつでも前進していく社会をつくっていきたいものです。

 

2020年3月

新着情報

お問い合わせ プライバシーポリシー

トップへ戻る